レイルエキスパート養成講座のご説明

  • 講座の目的
  • 講座の特徴(E-Learningについて)
  • レイルエキスパート養成講座とエクストラネットの関係
  • 講座の教材(エクストラネットについて)
  • 問題数と配点
  • 各週の受講結果(得点)について
  • 各週の出題テーマ
  • レイルエキスパート資格試験

講座の目的

当養成講座では、レイルヨーロッパのサーバー内にあるデータベース「エクストラネット」(後述)を自在に活用する手法を訓練することによって、顧客への適切なアドバイスやバラエティ豊かな商品開発が可能となり、レイルエキスパート認定者が旅行業界において、”ヨーロッパ鉄道旅行のプロフェッショナル”として一定の評価を得ることを目指しています。

講座の特徴(E-Learningについて)

本講座は最初から最後まで、すべてオンラインで受講頂くE-Learning(イーラーニング)にて運営されます。

レイルエキスパート養成講座とエクストラネットの関係

「レイルエキスパート養成講座」は、同時に以下の二つのウェブサイトを活用しながら運営が行われます。

1「エクストラネット(Extranet)」サイト

※ エクストラネット利用に必要なID&PWをお持ちでない方は受講前に申請してください。

2「レイルエキスパート養成講座」サイト

講座の教材(エクストラネットについて)

「レイルエキスパート養成講座」の毎週の設問は、「エクストラネット」に掲載されている欧州鉄道旅行商品情報に基づいて設問が作成されています。このため、受講者の皆様は、「レイルエキスパート養成講座」にて出題された設問を解く際には、必ず、出題の根拠となっている「エクストラネット」をご参照下さい。

問題数と配点

受講者はオンラインで、毎週用意された設問(1 週~11 週は毎回三択問題が20 問)に取り組みます。

各週の受講結果(得点)について

第1~11週の必要回答正解率は 8 割です。

各週の出題テーマ

第1 ~11 週の出題テーマは、欧州鉄道旅行商品の基本情報、国別の鉄道パス、プレミアムトレイン、鉄道チケットや区間乗車券等々で、週ごとに変えて出題されます。

レイルエキスパート資格試験

第12週(最終週)は、1~11週で8割以上の正解率を維持された受講者の皆様に欧州鉄道旅行の旅程を作成(自由記入方式)頂きます。60点以上で合格です。詳しくは、「レイルエキスパート資格試験について」をご覧ください。